親バレせずに借金返済!発覚する理由と対策をチェック

親バレせずに借金返済!発覚する理由と対策をチェック

借金問題に頭を抱えているものの、誰にも相談できない上に親バレしないか不安な方がいるかもしれません。特に延滞や滞納をすると、自宅に郵便物が届く、電話による取り立てなど、発覚するリスクも高まります。

そこで親バレしやすいケースや、身内に気付かれないように借金問題を解決する方法について解説。親に発覚しにくい債務整理のポイントも述べているため、要チェックです。

 

借金が親にバレるのはどんな時?

借金が親にバレるのはどんな時?

借金を抱えおり、親バレするのではと心配している方がいるかもしれません。そこで一般的にどんな場面で親バレするのか、いくつか例を紹介していきます。

ATM明細書や通帳を見られてバレる

ATMを通して借入や返済をすると、明細書により発覚してしまう可能性があります。明細を家に持ち帰って、うっかり目に付くところに置くと親バレしやすいでしょう。

同様に通帳を見られてバレるケースも。記帳すると消費者金融会社の名称や履歴が印字されるため、発覚しやすいのです。

 

キャッシングカードが見つかりバレる

キャッシュカードの裏面に、通常「企業名」が記されています。一見クレジットカードと似ているため、気付きにくいでしょう。しかし消費者金融の「企業名」を連想させる表記の場合、借金をしていることが発覚してしまうかもしれません。

 

催促状や取り立ての電話によりバレる

借金を延納・滞納していると、消費者金融から返済するように働きかけられるでしょう。そのため自宅に催促状が届く、もしくは頻繁に取り立ての電話を受けることで、発覚するケースも少なくありません。

催促状であると他人に分からないように届きますが、内容を見られたり送り続けられることで不審に思われる可能性が高いと言えます。

 

消費者金融会社からの郵便物でバレる

郵便物によってバレる確率は、とても高いと言えるでしょう。

  • 契約書類
  • 明細書
  • 増額案内
  • キャンペーンのお知らせ

などの郵便物は、宛先も確認しやすいため家族の目に触れやすいのです。

 

[PR]
 

借金問題を親バレせずに解決!専門家に相談

借金問題を親バレせずに解決!専門家に相談

借金している事実を、親や友人に知られたくないという相談者が多いかもしれません。しかし借金問題を一人で抱えていても、解決方法を見いだせないケースもあるのではないでしょうか。

そこで弁護士や司法書士といった専門家に相談するメリットや、解決手段として「債務整理」について解説していきます。

バレない理由

専門家に相談した場合、どこまで情報が伝わるのか不安に感じる方も少なくないでしょう。しかし弁護士や司法書士には守秘義務があるため、依頼人の情報を第三者に漏らすことはありません。

また「郵便物から家族にバレるかもしれない…」と心配であれば、担当者に相談して対策できます。例えば書類を郵送する場合は時間を指定する、連絡を入れるときは自宅ではなく携帯にお願いするなどです。

 

専門家に相談するメリット

専門家に相談するメリットとして、以下の3つを挙げてみました。

<取り立てを止められる>

借金の延滞・滞納により、催促状が届いたり連絡が続いたりすると精神的な負担を感じてしまうかもしれません。しかし専門家と委任契約を結ぶと、債権者に通知するため催促の連絡が止まります。

<時間や手間をかけずに済む>

債務整理では、取引履歴の開示請求や「利息制限法」に基づく利息の計算など、何かと手続きを進めるのに手間がかかります。しかし専門家に依頼すると代行でやってくれるため、自身の時間や労力をかけずに済むでしょう。

<交渉力により返済を楽に>

弁護士や司法書士による債務整理は、専門的な視点で交渉できるのが強みでもあります。交渉力次第で、返済期間や返済額を減らせるケースも。専門家なら信頼もあるので、相談者にとって有利な条件で和解できる可能性が高まります。

 

債務整理で返済の負担を減らす

債務整理をすると、借金の減額や返済期間に猶予を持たせることができます。仮に「任意整理」という解決手段をとると、借金減額や金利の引き直しといった交渉を試みて、返済の負担を軽減。

また「利息制限法」の上限を超える利息は、支払い済みであっても「過払い金請求」をするのも可能です。

ただし債務整理の方法はいくつかあるため、専門家と相談して自身に適した解決方法を見つけましょう。

 

債務整理には親バレしやすいケース・バレにくいケースがある

債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理などの種類があります。裁判所での手続きを必要とするケースや財産処分をするケースなど、それぞれ異なっています。そのため親バレのしやすさにも違いがあるため、特徴を踏まえて最適な手段を選ぶようにすると良いでしょう。

自己破産は親バレやすい?

「自己破産」とは、返済不能であると裁判所に認めてもらい支払いの義務を免除される手続きです。手続きをする上で、住宅や自動車などの財産を換金するため、親バレする可能性が非常に高いと言えるでしょう。

さらに何度も裁判所に足を運ばなければならない点や、一定期間郵便物が「破産管財人」に転送される点からも、いつもと異なる状況で隠すのが難しいのです。

※破産管財人とは、破産者の財産管理や財産を隠していないか調査する役割を果たす人物。

 

個人再生は親バレしやすい?

個人再生は、裁判所への申し立てを経て最大10分の1まで借金を減額できる制度です。基本的に財産を処分する必要はありませんが、自動車ローン返済中の場合、ローン会社に引き上げられるケースも。

また手続きを進める上で、家族の収入や財産を提示する必要性もあります。そのため自己破産と同様に、親バレしやすいと言えるでしょう。

 

任意整理は親バレしやすい?

任意整理では無理のない返済を目指して、月々の支払いや利息を調整します。手続きで必要な書類が少ない、裁判所を通さずに済むといった点で親バレしにくいのが特徴。

また弁護士や司法書士と委任契約を結ぶと、消費者金融に受任通知を送付。自宅への催促連絡を防げるため、うっかり家族が電話に出てバレる可能性も低くなります。

もちろん会社へ連絡されることもなく、借金問題や債務整理が発覚しにくいのです。

 

依頼せずに自分で債務整理するとバレやすい

債務整理を専門家に依頼せず、自分でやることも法律上は可能です。しかし借金の催促を続けられる上に、手続きにおいて必要書類を用意しなければなりません。

債務整理に関する書類がすべて自宅に届くため、親バレするリスクを高めてしまうでしょう。専門家に依頼すると、書類は代理人である弁護士や司法書士のもとに届くため、比較的安心です。

 

専門家への報酬を延滞する

弁護士や司法書士へ依頼しても、報酬を延滞してしまうと良くありません。報酬を払わず連絡も無視し続けると、場合によっては自宅に請求書が送られてくるかもしれません。

借金問題を解決してくれたパートナーとして、専門家への報酬を忘れないようにしましょう。

 

親バレせずに債務整理をする方法

親バレせずに債務整理をする方法

絶対に親バレしないとは言い切れませんが、いくつかの対策によりリスクを軽減できるでしょう。特に専門家に依頼する上で、「家族や他人に知られたくない」と伝えたり、発覚しにくい債務整理の手続きを検討できるケースも。

そこで、親バレせずに債務整理をする方法について紹介します。

 家族にバレたくないと伝える

債務整理中に家族にバレるのではないか…と心配な場合は、前もって担当者に伝えることが重要です。家族に発覚しないように、いくつか対応方法を示してくれるでしょう。

【債務整理をバレずに進めるコツの例】

  • 自宅ではなく携帯に連絡してもらう
  • 固定電話にかける際は、依頼者が出るまで事業所名を名乗らない
  • 郵便物の表面に事業所名を記載しない
  • 郵便物は郵便局留めで受け取る

 

可能であれば任意整理を選ぶ

債務整理の中で、もっとも第三者に気付かれにくいのは「任意整理」です。任意整理の解決手段を選べるのであれば、検討してみると良いでしょう。

ただし任意整理は消費者金融と、返済額や返済期間を決めて和解した上で成り立つ手続き。返済し続けられない状況の場合は、無理をせず他の解決方法を視野に入れる必要があります。

まずは専門家に相談し、自身に適した債務整理についてアドバイスをもらうのがおすすめです。

 

返済期限を守り延滞しない

任意整理後、通常3〜5年にかけて借金を返済していきます。しかしせっかく消費者金融と和解したにもかかわらず、延滞・滞納してしまうとトラブルのきっかけに。

再び催促状が届いたり、取り立ての電話がきたりするでしょう。最悪のケースだと、長期の延滞により一括請求を求められる恐れもあります。

無理のない返済プランを台無しにしてしまいますし、家族に発覚してしまうかもしれません。返済期限を守り、どうしても支払えないときは、担当の弁護士や司法書士にもう一度相談してみると良いでしょう。

 

専門家への報酬も支払う

弁護士や司法書士と委任契約を結ぶ上で、報酬が発生します。正式に依頼する前に、報酬の説明を受けるのが一般的です。

専門家への報酬を支払わず連絡を無視し続けると、催促状が郵送されるケースがあります。どうしても報酬の支払いが厳しい状況なら、下記の対応を心掛けましょう。

  • 延滞してしまうと伝える
  • 支払い予定日を伝える

 

まとめ:親バレせずに借金を返すなら専門家に相談しよう

借金の親バレは、ATM明細書やキャッシングカード、消費者金融からの郵便物によって発覚する傾向にあります。

しかし専門家に相談すれば、取り立てをストップできるという点で発覚のリスクを軽減できるでしょう。また無理のない返済計画を立てられるため、借金問題の根本的な解決を目指せます。

弁護士や司法書士には守秘義務もあり、家族を含む第三者への情報漏洩を気にせずに済むでしょう。

親バレの心配を前もって相談すれば、自宅に連絡しない、郵便物に事業所名を記載しないといった対応も可能なため、親バレせずに債務整理をできるのがメリットだと言えます。借金をバレずに返済したい方は、一度相談してみてください。

 

 

ETCカード情報はこちら

 

債務整理や任意整理におすすめ
弁護士・司法書士事務所

女性専用はこちら

オススメ1
司法書士法人リーガルリリーフ

おすすめNo.1

借金の無料減額相談はこちら

オススメ2
司法書士渋谷法務総合事務所

まずは無料相談

借金の無料減額相談はこちら

オススメ3
ライズ綜合法律事務所

困ったらご相談ください

借金の無料減額相談はこちら

オススメ4
鈴木司法書士事務所

匿名相談可

借金の無料減額相談はこちら

オススメ5
アヴァンス法務事務所

家族に内緒で対応

借金の無料相談はこちら

オススメ6
シン・イストワール法律事務所

じっくり対応します

借金の無料減額相談はこちら

 

女性専用
アヴァンス法務事務所(レディース)

女性スタッフが対応

借金の無料相談はこちら

 

-借金, 債務整理