借金残高が減らないときに知っておきたい賢い借金の返済方法

借金残高が減らないときに知っておきたい賢い借金の返済方法

「返済しているのに借金が減らない」「いつまで返済を続けなければいけないのか」

と、一人で悩みを抱え込んでいませんか?

実は賢い返済方法を知っていると、利息が減って返済の負担が軽くなるかもしれません。

今回は、借金残高が減らない原因と賢い返済方法のポイントを解説します。

 

借金が減りにくい返済方法や原因とは

借金が減りにくい返済方法や原因とは

毎月返済しているのに借金が減らない場合、返済方法に原因があるのかもしれません。

月々の返済額が少ない場合や、他の消費者金融から借り入れして返済している場合は、借金の残高が一向に減らない原因です。

賢い借金の返済方法を試す前に、まずはなぜ借金が減らないのか、原因を考えてみましょう。

月々の返済額が少なすぎる場合

きちんと毎月返済しているのに借金残高が減らない場合は、月々の返済額が少ないことが原因かもしれません。

借金には、借り入れの元金以外に利息が発生します。利息は借入期間が長くなるほど増えるため、返済しているのに借金が減らない原因です。

毎月の返済額を少額にしていると、利息分の割合が多く、借り入れの元金は少なくなります。つまり、返済の大半が利息分で、元金はほとんど減っていない状態になってしまいます。

複数の消費者金融から借り入れしている場合、1社ずつの返済額が少なくなりがちです。借金が複数あるなら、1つにまとめて返済しやすくする方法もあります。

借金を返しているのに借金が減らない場合は、月々の返済額の見直しや借金のおまとめが必要です。

 

他の消費者金融から借り入れして返済している場合

返済額を用意できず、他の消費者金融から借り入れして返済している場合も、借金が減らない原因の1つです。借金に借金を重ねても、借金の金額は減りません。

借り入れしている消費者金融が増えると、多重債務の状態に陥って返済が困難になるかもしれません。

借金の返済が厳しいときは、減額や免責などの債務整理で対応できます。

 

[PR]
 

借金を返済するときに知っておきたいポイント

返済しているのに借金が減らない場合は、そもそも借金の仕組みを勘違いしている可能性もあります。

借金にかかる利息や繰り上げ返済、おまとめローンなどの仕組みを知っているか知っていないかで、借金の返済にかかる負担が変わります。

ここでは、借金を賢く返済するために知っておきたいポイントを3つ紹介しますので、返済を楽にしたいときに役立ててください。

借金には利息がかかる

借金には借入金額に対して利息がかかり、利息も返済額に含まれます。

利息は、消費者金融の実質年率と借金残高、借入期間で計算されます。以下の例で考えてみましょう。

例:借金残高50万円・実質年率18%・借入期間1年の場合

利息=50万円×0.18×1=9万円

つまり、50万円を1年借金すると9万円の利息が発生し、借金総額は59万円です。ただし、毎月返済していれば借金残高は減るため、実際には上記よりも利息は少なくなります。

早く返済すればするほど、利息は少なくなる仕組みです。反対に、返済期間が長くなると利息は多くなります。

毎月の返済額を増やせば返済期間が短くなり、結果的に支払う利息も少なくて済みます。

繰り上げ返済で返済期間を短縮

借金を賢く減らすには、繰り上げ返済もうまく利用しましょう。

繰り上げ返済とは、収入に余裕のある月にいつもよりも多く返済する方法です。消費者金融では、固定の金額で返済するほかに、まとまった金額を一括返済できます。

たとえば、借金残高が50万円あり、毎月2万円ずつ返済しているとします。通常なら、完済まで2年以上かかりますが、ボーナスが入ったときに20万円繰り上げ返済したとすると、1年ちょっとで完済可能です。

借入期間が短くなるため、利息が減って最終的な返済額も減額できます。

おまとめローンで借金を1つに

複数の消費者金融から借金している場合は、借り入れ先を1つにまとめる「おまとめローン」で、利息を減らしたり返済の管理を楽にしたりできます。

おまとめローンとは、借金を1つの消費者金融で借り換えして1つにまとめる方法です。複数の消費者金融へ毎月返済する手間がなくなり、借り換えによって利息も減る可能性があります。

ただし、過払い金返還請求できなくなるため、過払い金がある場合はおまとめローンをおすすめできません。

過払い金とは、利息制限法と出資法の上限金利の剥離で起こった利息の過払いです。2010年6月17日以前に借り入れを開始している場合は、過払い金返還請求対象の可能性があります。

 

賢い借金の返済方法

賢い借金の返済方法

ここからは、借金を減らすための賢い返済方法を紹介します。

借金を賢く返済するには、次の手順で現状を把握して対策を取るとよいでしょう。

  1. 現在の借金残高・借入期間を把握する
  2. 臨時収入で繰り上げ返済できるか確認する
  3. 利息が減るならおまとめローンで借金を整理する
  4. 返済が厳しいなら債務整理も検討する

手順に沿って、それぞれを詳しく解説します。

借金残高や借入期間を把握する

借金がなかなか減らないと感じるなら、まずは現状を把握しましょう。借金を賢く返済したい場合は、主に次の情報を収集します。

  • どの消費者金融からいくら借りているのか
  • 毎月いくら返済しているのか

複数の消費者金融から借金していると、借金残高を把握しづらく利息が膨らんでいる可能性もあります。まずは、各消費者金融の会員ページや明細で借金残高を確認しましょう。

借り入れた消費者金融がわからなくなってしまった場合は、信用情報機関へ情報開示します。自分のクレジット情報を確認できます。

繰り上げ返済・おまとめローンで借金を整理

現在の借金残高や借入期間、返済金額を把握できたら、繰り上げ返済やおまとめローンで対応できるかを確認しましょう。

おまとめローンで返済を一本化し、ボーナスや臨時収入で繰り上げ返済して、返済期間を短縮して利息を減らすのが理想です。

注意したいのは、繰り上げ返済をするときに、各消費者金融で定められた最少返済金額以上の返済が必要なこと。最少返済金額とは毎月返済しなければいけない返済額で、繰り上げ返済の場合も最小返済金額が決まっている消費者金融もあります。

金額が固定されている場合もあれば、借金残高に対して一定の割合で変動することもあるため、借り入れしている消費者金融に確認しましょう。

また、おまとめローンでは思ったよりも利息が減らなかったり、保証人が必要だったりするケースもあります。デメリットもある方法のため、本当に返済が楽になるかを見極めが必要です。

返済が厳しい場合は債務整理も視野に入れる

繰り上げ返済やおまとめローンができず、返済が厳しい場合は債務整理も検討しましょう。

債務整理とは、利息や借金の元金を減額できる手続きです。

一般に重い手続きのイメージはありますが、債務整理のなかでも任意整理は、将来利息を減らせて周囲にも知られにくいことがメリット。比較的簡単な手続きで、借金の返済額を減らせます。

債務整理は、司法書士や弁護士へ依頼するとスムーズに手続きが進みます。また、繰り上げ返済やおまとめローンの利用ができるか、返済方法の相談も可能です。

悩みを抱え込まず、専門家に相談して賢く借金を返済しましょう。

 

まとめ:賢い借金の返済方法で少しでも早く完済へ

毎月きちんと返済しているのに借金が減らないのは、返済額が少なすぎたり複数の消費者金融から借金をしたりしていることが原因かもしれません。

利息ばかり膨らんでいる場合、借金の元金がなかなか減らずに返済が厳しくなることもあります。

賢く借金を返済するなら、以下の方法で対応しましょう。

  • 現状の把握
  • 繰り上げ返済やおまとめローンで借金を整理
  • 返済が厳しいなら債務整理も検討

借金の返済方法や債務整理の相談は司法書士や弁護士へ相談し、最適な方法を紹介してもらうのがおすすめです。

 

 

債務整理や任意整理におすすめ
弁護士・司法書士事務所

女性専用はこちら

オススメ1
司法書士法人リーガルリリーフ

おすすめNo.1

借金の無料減額相談はこちら

オススメ2
司法書士渋谷法務総合事務所

まずは無料相談

借金の無料減額相談はこちら

オススメ3
ライズ綜合法律事務所

困ったらご相談ください

借金の無料減額相談はこちら

オススメ4
鈴木司法書士事務所

匿名相談可

借金の無料減額相談はこちら

オススメ5
アヴァンス法務事務所

家族に内緒で対応

借金の無料相談はこちら

オススメ6
シン・イストワール法律事務所

じっくり対応します

借金の無料減額相談はこちら

 

女性専用
アヴァンス法務事務所(レディース)

女性スタッフが対応

借金の無料相談はこちら

 

-借金, pickup